- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト仙台

マツダ ロードスターRF

白石市からお越しのS様

人間とは楽をする生き物であるがゆえに今日の技術はここまで進歩して来ました。
自動車も例外ではなく移動手段を楽にする為に生まれた一つの分野です。
それは製造過程でも同じで、昔は手作業だったものの多くが機械化され数年前よりもはるかに効率よく車は作られています。
しかし、どんなに技術が進歩しても機械化出来ないものの一つに「デザイン」があります。
マツダロードスターRF…なんて素晴らしいデザインなのでしょうか。
その他の魂動デザインのファミリーフェイスとは一線を画しているロードスターのデザインですが、もし仮にアテンザやアクセラの様なフロントフェイスにした場合この車格では少し重い顔つきになっていた事でしょう。
しかし、そこをうまく仕上げられたロードスターのデザインにはまた一味違う「美」を感じられずにはいられません。
最近のマツダは売るための車作りではなく楽しんでもらう為の車作りをしているのが特にこのロードスターから伝わってきます。

さて、今回ご入庫いただきましたロードスターRFは新車でリボルトプロの施工を行いました。
ボディーにはほとんど傷も無くとても良い状態でしたがやはりマツダ車に特に強くみられるクリア塗装のクスミが確認出来ました。
その様なクスミは当グループでは独自の下地処理技術「リボルト アジャスト システム」で磨き上げることにより最小限の磨きで潜在的に秘めた車の輝きを引き出します。

Before

ロードスターRF-21


after

ロードスターRF-22


そして下地処理が終わったらリボルトグループ独自開発でガラス濃度100%の「低分子型・完全硬化型ガラスコーティング剤 リボルトプロ」をしっかりと塗り込みより一層の艶を与えていきます。

ロードスターは走りがとても楽しい車ですが、リボルトプロでより一層の艶を手に入れた事によって車を見る楽しみがさらに増したと思います。

今後は当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用してセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。
この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

施工時期:
2017年3月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工