- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト仙台

トヨタ アルファード

仙台市からお越しのY様

アルファードとヴェルファイアの違いと言えば、多少の内装の違いはあるもののやはり一番の違いはエクステリアでしょう。
動力性能も同じなのでほとんどオーナー様の外観の好みにより選ばれる事が多いと思います。
アルファードはヴェルファイアに比べ、カスタムして乗るというよりもノーマルでそのまま乗る方が多いと思い様に感じます。実際、カスタムパーツの種類もヴェルファイアの方が多く出回っているあたりからも推測出来ます。

しかし!今回ご入庫いただいたアルファードはオーナー様のこだわりでかなりカスタムされています。
フロントグリルが全然違うので「え?アルファード?」とついつい確認してしまいたくなります。
フロント、サイド、リアスポのフルエアロにリアウィングやホイール、車高調、各種LED化など新車とは思えないほどの仕上がりです。
そして、カスタムの仕上げにと当店のコーティングをお選びいただいたのですが、正しい選択だと思います。
やはりこれだけのカスタムをされると、少なからず各パーツの取付時にボディーに傷が入ってしまうものです。
実際に当店の高輝度LED照明で確認してみると、あちらこちらに傷が付いていました。
中には傷消しの為に磨いたのかオーロラと呼ばれる磨き傷が付いている場所がありました。
それらの傷は「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」で適切な下地処理を行い可能な限り消します。そして、本来の艶を取り戻していきます。
下地処理で綺麗になったボディーやにガラス濃度100%の「低分子型・完全硬化型ガラスコーティング剤 リボルトプロ」をしっかりと塗り込み、さらにその上から撥水と紫外線軽減(UVカット)効果のあるトップコートを塗り込む事によって一層の艶を与えます。

ただでさえカスタムで人目を引くアルファードですが、コーティングを行い艶が増した事によって注目度は120%にアップした事でしょう。

今後は当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用してセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。
この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

施工時期:
2017年6月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工