- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト仙台

トヨタ ハリアー

仙台市からお越しのO様

6月にマイナーチェンジを行ったハリアーのフロントフェイスはロアグリルが大きくなり今まで以上に迫力が出た感じがします。しかし、フォグランプを変える事によって迫力は有るけどもシャープにスッキリとまとまっていてとても格好良くなっています。
そして、今回のマイナーチェンジで一番の注目は2Lターボが追加された事でしょう。
マイナーチェンジ前は減税対策にと2Lにサイズダウンしたハリアーでは加速に物足りなさが有ったものの、今回ターボが追加された事でそれらの物足りなさは見事に払拭されました。

今回ご入庫いただいたハリアーは納車したてのNEWハリアーです。
オーナー様は「新車限定リボルトライト」と「リボルトプロ」で迷われていましたが、納車後のボディーの状態を当店で確認し、最善のコーティングについて話し合った結果、「リボルトプロ」でご予約いただきました。
カラーがソリッドブラック202の車は納車直後でも必ず傷やシミが付いています。
今回も部分的に傷だらけの場所が何か所か有りましたが、それらは「リボルト アジャスト システム」で適切な下地処理を行う事によって新車の本来有るべき姿に戻していきます。
そしてその後に「リボルトプロ」のベースコートでガラス被膜を形成し包み込む事によってより一層の艶と傷への耐性を与え、そしてトップコートで撥水と紫外線カットの効果を与えます。

ソリッドブラック202は傷が付き易く目立ちやすいですが、その傷を消しコーティングの艶を与える事によってそれはまるで「黒い鏡」の様なボディーに変わります。

今後は当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用してセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。
この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

O様の「お客様の声」もご覧下さい。

施工時期:
2017年7月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工