- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト仙台

トヨタ アルファード

仙台市からお越しのE様

以前のアルファードはヴェルファイアに比べて控え気味なデザインのイメージが強く、少し攻めたいユーザーはヴェルファイア。落ち着きがほしいユーザーはアルファード。的なイメージが個人的にはありました。
しかし、2015年モデルから現行の様なフロントグリルになり、ヴェルファイアに負けないくらい・・・いや、それ以上に迫力の顔つきになったと思います。
初めて私がこのフロントグリルを見た時は、鍛え上げられ割れた腹筋に見え「力強さ」が感じられました。
このフロントマスクで後から近付かれたらムキムキマッチョが近付いて来たみたいで怖いです(笑)
でも、カッコイイです!

アルファード-20

今回ご入庫のアルファードは新車で「リボルト・プロ」のご用命をいただきました。
エアロが付くと更にカッコイイですね!
カラーはトヨタ202ブラックですので、新車でもいたる所に傷が付いているのが高輝度LED照明の下ではハッキリ分かります。
このサイズの202ブラックの下地処理はそれなりに時間が掛かりますが、当グループの下地処理「リボルトアジャストシステム」で磨き上げるので仕上がりには絶対の自信があります。下地処理を行っただけで、ピカピカ眩しいくらいです。
その綺麗なボディーをガラス被膜で包み込む事によってさらにピカピカ、そして洗車傷からも守ってくれる。
202ブラックは「リボルト・プロ」でコーティングする事で、その後のメンテナンスが圧倒的に楽になります。

エアロでカッコ良く、しかもピカピカボディー。自慢したくても前の車に近づき過ぎてはダメですよ(笑)

今後は当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用してセオリー通りの洗車をしていただければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。
この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

施工時期:
2018年7月
施工内容:
リボルト・プロ