- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト仙台

MINI クロスオーバー

仙台市からお越しのS様

クロスオーバーは2011年1月にMINIがコンパクトSUVに送り込んできたモデルになります。
ボディーサイズはミニの中でも大柄ボディーとなっていて後部座席が快適になりラゲッジスペースの積載容量も多く、ファミリー層や多趣味のユーザーにも選ばれていると思います。
また、ディーゼルエンジンは出力よりもトルクに振ったセッティングとなっているので乗車人数が多い時や荷物を沢山積んだ時でもストレス無く快適に走れる事でしょう。
因みにこのクロスオーバーは本国などの海外では「カントリーマン」という名称になっています。

今回ご入庫いただきましたクロスオーバーは各所ラッピングが施されとても個性的な車両になっています。
ラッピング車両はラッピングの際の部分に砂やホコリが溜まる為、洗車時に落とし切れなかった砂などで傷が入ってしまいます。実際に今回のクロスオーバーもラッピングの際付近に沢山の傷が付いていました。
傷を消すための磨きはそのまま行うとラッピング部分を剥がしてしまう可能性があるので全てマスキング養生を行ってから行います。今回はかなりのラッピング面積だったのでマスキングに時間が掛かってしましましたが、ラッピングにダメージを与える事無くコーティングを仕上げる為に手は抜きません。
鋭角に張られたラッピングは既に剥がれかけていたのでマスキングを剥がす際に一緒に剥がれない様に慎重に慎重に剥がしました。
各パネル通常以上に時間を掛けて下地処理を行い、その後にガラス濃度100%の「低分子型・完全硬化型ガラスコーティング剤 リボルトプロ」をたっぷりと塗り込む事により濡れたように艶やかに仕上がりました。

ボディーが艶やかになった事でラッピングがより強調され素敵な1台になったと思います。

今後は当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用してセオリー通りの洗車をしていただければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。
この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

お問い合わせはこちら

施工時期:
2018年2月
施工内容:
リボルト・プロ