- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト仙台

キャデラック エスカレード

山形県からお越しのO様
  • エスカレード-3
  • エスカレード-1
  • エスカレード-2
  • エスカレード-4
  • エスカレード-5
  • エスカレード-6
  • エスカレード-7
  • エスカレード-8
  • エスカレード-9
  • エスカレード-10
  • エスカレード-11
  • エスカレード-12
  • エスカレード-13
  • エスカレード-14
  • エスカレード-15

全長5m超え、全幅2m超えのラージサイズSUV、エスカレード。街中で走っているエスカレードに遭遇すると「大きいな~」なんて思いながら見ていましたが、実際に現車を間近で見るとその大きさがよく分かります。デザインシンプルですが排気量は6リッター有り、フロントグリルに見てくれと言わんばかりに付いた二つの牽引フックが「俺に引っ張れない物は無い!」と言っている様で正に質実剛健という言葉を形にした様な車です。

今回施工のエスカレードは2005年式の17年が経過した車両で、年式相応の結構な傷やシミが全体的に付いていました。
カラーはメタリックの入っていない純粋な黒ソリッドブラックになります。車の塗装はメーカーにより性質が違いますが、エスカレードの塗装は軟らかくとても繊細で施工難易度が高い塗装でした。例えるならトヨタの202ブラックにとても近い性質でした。
塗装が軟らかいという事は、洗車傷が付き易いというデメリットと同時に磨きで傷を落としやすいというメリットがあります。ただ、注意しなくてはいけないのが、磨いている最中にゴミを拾うと塗装が軟らかいだけに一瞬で傷だらけになってしまう事です。
今回のエスカレードは機械磨きの振動でパネルの間からポロポロと砂が出てくるではありませんか・・・
磨いているそばから傷が入ってしまうという磨きのエンドレス状態に苦戦をし、酷い部分は砂が出てくるポイントにマスキングテープで蓋をして磨き作業を行ったのでした。

エスカレード-21

エスカレード-22

エスカレード-23

エスカレード-24

エスカレード-25

エスカレード-26

エスカレード-27

エスカレード-28

エスカレード-29

エスカレード-30

近年稀に見るほどの施工時間を費やしコーティング施工したエスカレードは自信を持って「私がコーティングした車です!」と言える作品に仕上がったと思います。

今後は当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用してセオリー通りの洗車をしていただければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。
この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

施工時期:
2022年5月
施工内容:
リボルト・プロ窓ガラス撥水加工