- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト仙台

レクサス ES300h

仙台市からお越しのM様

レクサスESは現行で7代目になりますが、4代目のウィンダムで国内販売が一度終了し約12年ぶりに7代目から日本国内に復活した車になります。
何故か昔のテレビCMの「日本名ウィンダム!」というフレーズを思い出してしまいます(笑)
サイズは全長が4,975mmとGSより少し長めで、レクサスのセダンのラインナップの中ではLSとGSの中間になり、ギリギリ5m以内になるので5m以下の利用規約があるコインパーキングにも止められてLSでは持て余してしまう都会ではちょうどいいサイズのセダンだと思います。

今回ご入庫のESは新車でリボルト・プロのご用命をいただきました。
ボディーカラーは深みのある青色でとても美しくそして落ち着きを感じる、ESに合っているカラーだと思います。
それにしてもレクサスの塗装はきめが細かいと言うかなんと言うか・・・クリア塗装の下のカラーの粒子が細かいんですかね?毎度の事ながら下地処理を行いながら感心させられてしまいます。
そして、ESはこの縦基調のスピンドルグリルが良いですね。これならハチの巣グリルの様に水が溜まってシミになる事は無いでしょうし(笑)
セルフリストアリングコートのデリケートな塗装を優しく丁寧に磨き、ガラス濃度100%の「リボルト・プロ」で包み込んでツヤツヤになったESはとても美しく、そして大人の落ち着きを感じました。

今後は当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用してセオリー通りの洗車をしていただければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。
この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

施工時期:
2019年
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング